読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あまかけるの巣

今はうんちでも化石になるから。

【小旅行記】式根島DAY2(完)

 前回のブログを現地で書いた後、「神引展望台(かんびき てんぼうだい)」というところに行きました。式根島は火山噴火により溜まった堆積物が集まってできた島。その証拠に、この神引展望台は軽石が積み上がってできています。

 

f:id:o5h4pi:20160807083341j:plain

 

 そしてこの神引展望台は、式根島の一番高い場所。式根島全景をはじめ、大島、利島、新島、神津島伊豆半島、天気が良ければ富士山も一望できます。

 

f:id:o5h4pi:20160807083740j:plain

 

 式根島の海岸が「リアス式海岸」であることもこの展望台からなら分かります。

 

 この日は自転車を借りて(1日1000円)島を一周。海岸線が12kmほどなので時間はそんなにかかりませんが、島ですから勾配が凄まじい。涼しい午前中に全部回っておきました。

 

 お昼に「岩のりラーメン」をいただきました。すごいなあと思うのですが、式根島で出される料理に入っている海産物はすべて式根島産。これぞリアス式海岸の威力。そういえば私が泊まっていた民宿の方も、たまに漁に出ているそうです。

 

f:id:o5h4pi:20160807084552j:plain

 

 日中は暑いのでお昼寝。起きたのは16時くらいでした。

 夜ご飯までまだ2時間ほどあります。何を思ったか、それで私はまた神引展望台に行きました。自然を感じたりなんたり。このとき自分のお気に入りスポットに神引展望台が認定されました。(ここで感じたことは別に記事を立てて書きます)

 

 そして夜ご飯。前日温泉に行くときに、陸に上げられた船のそばに敷いてあった天草から作ったところてんゼリーをいただきました。天草からところてんができることを知らず、さらに天草を見るのが初めてだったのでびっくり。独特の優しい口当たりでした。(写真の黄色いゼリー)

 

f:id:o5h4pi:20160807085401j:plain

 

 この後花火をして、しこたま飲んで、朝4時まで仲間とぐだぐだし、仲間が寝た後夜が明けて、16時に起きた私は例の如く眠れず、布団を抜け出し神引展望台に行きました。

 

 帰りの船はイスの席を予約できたので、リクライニングで全員爆睡(たぶん)。東京湾に入ったところで起きて、甲板に出て無事東京に戻って参りました。

 

 船が式根島を出るとき、つりをしていた島の皆さんがみんなで手を振ってくれてました。いいなあ、、、

 

f:id:o5h4pi:20160807090412j:plain

 

f:id:o5h4pi:20160807090547j:plain

 

f:id:o5h4pi:20160807090517j:plain

 

f:id:o5h4pi:20160807090444j:plain