あまかけるの巣

今はうんちでも化石になるから。

ホーチミン日本人学校補習校を見学【ベトナム滞在10日目】

 気づいたことを羅列します。

 

・授業は二人体制、ひとりが授業を進行していて、もうひとりがテストの採点などをしている。

・どこまでが日本人学校の道具で、どこまでが補習校の道具なのだろう? 引き出しのものはどちら?

・子どもたちに決まった席はあるのか?

・筆記具が日本でも見るようなもの(クルトガコクヨ、フェルトペン、3色ボールペン)

・校則をつくるのにも一苦労だろうな…。

・テスト用紙の紙が日本仕様(つるつるのやつ)

・「ヤマザキパン」「妖怪ウォッチ」「ぐでたま」など、日本の文化を子どもたちも知っている。

・国語の授業で日本の戦争の話を扱っていた。

・同じく国語の授業で、子どもたちに文を読ませる。長く読みたい人はいくらでも長く読んで良し、あまり読みたくない、読めない人は最低一文とすることで、能力の差を緩和。

・先生の教え方も多様

・たくさんいる先生の「教育方針」をどこまで統一する?

・教育の国際化って何? 可能なの?

・子どものアイデンティティ(よりどころ)はいずこへ。

 ・発達心理学で、アイデンティティを形成することは発達の大切な過程だ、と聞いた。が、ではアイデンティティのない子は「悪い子」なのか? アイデンティティがないことはいけないことなのか。すべての子がアイデンティティを見つける「べき」なのか。しかし、「私は何者か」という問いで私自身苦しんできたのも事実、子どもたちはどうなのだろう?

・黒板消しのクリーナー、平成27年度設置。日本でしか作っていない。

・自分の母校を誇りに思うことは、自分の人生を誇りに思える要素のひとつ。

・「考える」ことは母語がなければできない?

・自分は「祖国は日本です」と言いたくない(日本、というには広すぎる)

・そういえば自分も筑前国出身で、関東に出るとやはり違いを感じる。ことばのアイデンティティは博多弁、佐賀弁にあり、標準語にはない。自らの基準はやはり九州であり、九州フィルターを通してものを見ている。