読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あまかけるの巣

今はうんちでも化石になるから。

まじめおばけミッケ

 

 

f:id:o5h4pi:20170124162937j:plain

 

 

 

 この世で一番、扱いづらいもの。どんな人でも、その時が来れば自然と取り憑かれてしまうもの。取り憑かれると、いろんなことが気になってしまい、人によってはイライラが収まらなくなったり、鬱々とした気分になってしまったり、泣き出してしまったりしてしまいます。そうやって感情が爆発しさえすれば、スッキリしてそれで終わり、というケースもあるけれど、普段からあまり感情を表に出さないようにしていると、そういう状態が一週間、一ヶ月、一年と長い間続いてしまう。しかも取り憑く人によって、形も性格も手段も違うもの。

 

 それがまじめおばけです。

 まあ、これから書くファンタジー小説の設定を、文章を書きながら考えていると思ってください(まじめに読まないでください)。

 

 このおばけに取り憑かれると、例えば久しぶりの友だちを見つけたとき、声をかけるかかけないかでものすごく迷うようになります。声をかけたくない、そういう気分でないのならかけなければいいし、声をかけて久しぶりの話に花を咲かせるのもいいでしょう。でも、どちらか決める前にどちらの場合も考えてしまいます。かなり隅々まで。ときには「あっちが声をかけてきたなら話をしよう」なんてことも考えます。「あっち」は声をかけてくれないだろうと思いながら。

 また、声をかけたらかけたで、今度はどうしたら「スマートに」「この場に合うように」話をすることができるのかを常に考えます。自分から話題を振ることはありません。なぜなら、それが「適切な」話題なのかが分からず、それが分からない自分を責めている間に会話が終わってしまうからです。4,5人で話しているときはなおさらです。自分以外のひとで話が進んでいるようなら、それを聞いて楽しむことに徹します。
 さらに、いつも何をしていてもそれに熱中することができなくなってしまいます。映画を見ていても、友だちとだらだら、ひとりでだらだらしていても、遠くへ出かけていても、勉強していても、常に「こんなことをしていていいのだろうか」と気にかけます。この時間で、もっと他のことがいろいろできたのではないかと、自分の今と過去の時間の使い方を責めます。一時も家を出なかったことを、目の前の友だちに生返事を返させてしまったことをを嘆きます。

 

 どうです? 思い上がったヤツでしょう?

 それがまじめおばけに取り憑かれた状態の私です。

 

 そのときそのときに思い浮かべる「ベストの自分」に自分をいじめさせます。そうして自分を過大評価します。「なぜこれができないんだろう?」という一見反省しているように見える疑問を持ちながら、「本当は私はもっとできるはずなのに」と思っています。または、「本当に私はできないヤツだ」と決め込みます。とりあえず、自分はできるヤツなのかできないヤツなのか、そればかりを考えています。

 少しでも暇になると、まじめおばけは私に取り憑こうとします。今の時間、もっと楽しくベタベタしているカップルがいるぞとか、もっとしっかり技術を身につけて頑張っているヤツがいるぞと言ってきます。

 

 

 「今、この人にはまじめおばけが憑いてるんだな」と思うと、なんだかその人がかわいく思えてきます。「なんでこの人はこんなことで怒ってるんだろう?」とか、「なんでこの人はこんなに冷たいことを言うんだろう?」とか。「あ、今自分にまじめおばけが憑いてる」と思うと、少し楽になったりします。

 あたりまえですが、決めつけはよくありません。でも、「おばけ」だから何でもありなんです。とりあえず、自分が落ち着ければそれでいいんです。だから「あんた、まじめおばけ憑いてるぞ」なんて言う必要はないんです。

 

 「まじめ」とは、今ある形と自分の思っている「ベストの形」が異なるときに、今ある形を一生懸命「ベストの形」に近づけようとする様子です(という意味で使っています)。語源としては、「まじめ」という言葉は「まじろぐ」という言葉から来ているそうです。「まじまじ見る」という言葉がありますが、その「まじまじ」は「まじろぐ」が形容詞になったものです。「たじろぐ」が「たじたじ」になったりするように。「ベストの形」をまじまじ見て、それに近づこうとする。

 「まじめ」自体はいいことでも悪いことでもありません。ただのおばけです。使いどころによって、それがいいことになったり悪いことになったりするんです。掃除をするときは「まじめ」であることにこしたことはありませんが、必要以上の「まじめ」はただ自分が辛くなるだけです。

 

 ただ、今はどうもこの「まじめおばけ」の扱いが自分にはよく分かっていません。突然やってきます。やってきたときは気づかないで、追いやったときにやっと「ああ、まじめおばけに憑かれてた」と気づきます。

 どうしたっちゃこいつはやってくるので、頑張ってうまい使い方を「まじめ」に見つけていこうと思います。か、放置するかだな。