あまかけるの巣

今はうんちでも化石になるから。

健康でいる必要

 最近、自分の家族や親戚のほとんどが元喫煙者だということを知って驚愕した。幼いときに喫煙反対派の祖母からネチネチ言われていたことを真に受けて、自分の血縁にはたばこを吸っている人などいないと思っていた。確かに伯父さんなんかは吸ってそうだったけれど。

 私の父親も(家族・親戚の中で一番意外だった!)実は超ヘビースモーカーで、1日1箱吸っていた時期もあるという。それが独身時代、ちょうど高度経済成長期に東京で何年か働いていたときだったようで、なんとも東京という街は素晴らしいが歪な形をした都市だという思いがした。

 そういった家庭事情は全く関係ないと思うが、私も一応、喫煙者である。1ヶ月半くらいで1箱を吸う、にわかスモーカーといったところか。ニコチンの覚醒作用はよく働くが、都合のいいことに依存作用は全く働いていないので、それこそ「いつでもやめられる」状態だ(一度もたばこを吸ったことのない方の中には、この言葉が信じられない方がほとんどだと思うが、実際に私以外にも何人かこのタイプの喫煙者を知っているから、そういう人種もいるようだ)。

 

 さて、たばこの話になると、「健康」という話題がつきまとってくる。たばこは健康に悪い。自明である。だが私はこう思う。そんなに私は、私たち人間という動物は、健康でなければならないのだろうか。

 

 今の時代は健康ブームだ、といってもいいだろう。このブームは特にふわっふわのIT産業との相性がよろしいらしく、腕にバンドをつけてイヤホンにランニングをさせられている方々をよく見かける。

 しかしこれほどまでにあらゆる産業、業界、広告が「健康!健康!」と叫び出すと、やはり私は違和感を覚える。「あったかい家が待っている」とガス会社がガス利用を促進するプロパガンダのように。「子どもには安心安全な食べ物を」と「オーガニック」「無農薬」のラベルをつけた食物を販売するプロパガンダのように。

 悲観的に過ぎるという意見もあるかもしれないが、やはり、私は、私たち人間という動物は、健康でなければならないのだろうか。不健康であることはいけないことなのだろうか。

 

 はじめにその疑問を抱いたのは、母親が「もう私はいつ死んでもいい」と言い出したことである。ふだんなら「何かあったの?」と気にするのだが、けっこう真面目な顔をして言うので、どうやらきちんとした考えがあるらしい。曰く、「私は自分の子も育て終わったし、とにかく老人ホームで自分の身の回りの始末もできなくなってまで生きていたくない」と。母親は昔から他人との距離感に敏感な質で、自分のテリトリーに勝手に侵入されることを非常に嫌う。それを踏まえれば確かになあと思う。

 だから、母親は1日1缶のビールをやめない。なんてことを言いながら、「暇だから」と最近スポーツジムに通うようになった。だから私はそんなことを言い出したことについて心配はしていない。

 この話を聞いたときに、「健康」という指針が自分をかなり拘束していたことに気づいた。長生きすることだけがいいことじゃあない、と思った。

 

 当たり前の話だが、健康に気を遣っている人、長生きをしたいと思っている人、または今の病気を治したいと思っている人はたくさんいることは知っている。そんな人に、「健康ばっか気にしてちゃダメダメ」なんてことを言うのは阿呆である。しかし、一概に「全人類は健康であるべきだ」と思っちゃってる私は不思議だなあと思ったのである。

 

 たばこに限らず、世の中にはいろんな「体に悪いもの」がある。「炭水化物が人類を滅ぼす」という本が出てからは、日本でも「糖分」ですら体に悪い、という論調が流行りだした。コンビニ弁当は食べてはいけない、スーパーの肉は危険だ、と言われることもある。

 確かにそれらは様々な理由から、科学的には体に悪いのかもしれない。しかし、一時の快楽を得られることもなく、「安全だから」「体にいいから」という理由で強制的に食事を取らされるのはたまったものではない。

 

 なぜ人は健康を尊ぶのだろう。私は大病にかかったことはあるが、特に五体満足である。だからこそそんな疑問が持てるんだ、とも思う。しかしその意見を聞いても、やはり私は疑問に思ってしまう。そもそも、「健康」という概念が不思議なのである。まるで、どこかに理想の「健康な人」がいるようではないか。その尺度は、何をもって計られるのか。

 私がどこに違和感を覚えているのかと言えば、その「理想の健康な人」という概念と、あともうひとつ、「不健康な人は(すぐさま)健康になるべきだ」というなんとなく漂う風潮である。

 個々人が健康であることを望んでいるならまだしも、そもそも自分が健康であるか不健康であるか全く関心がない人もいる。その人に「あなたは不健康です」と言って健康になることを勧めるのはどうなのだろう。

 

 そんなことを言う私は、やっぱりこの毎日が続いてほしいとまだ思えているから、適当に健康に気を遣っているのだけれど。