あまかけるの巣

今はうんちでも化石になるから。

自分の音楽ストリーミングサービスの使い方

 最後の音楽ストリーミング・ブーム(2016年9月29日のSpotify日本上陸)から半年ほど経ちました。その余熱はまだ感じられますが、はたして今、日本の音楽リスナーはどうやって音楽を聴いているのでしょうか。

 

 私の音楽体験の歴史といえば微々たるもので、まず私は高校にあがるまで意識的に音楽を聴こうとする習慣がありませんでした。テレビで流れる音楽や音楽番組、オリコンランキングの楽曲はほとんど知らず、友人間でも音楽の話が盛り上がることはありませんでした。ただ幼い頃から母親の好みでクラシック、ジャズ、EnyaABBAなどのイージーリスニングCulture Clubあたりのポップスを曲名も分からず聴かされていました。

 高校でスマホを持たされ、当時から少しずつ発展していた「消費の場としてのインターネット」市場に飲まれ(要はAmazonに登録し、YouTubeで音楽発掘をするようになった)、アルバムをちょこちょこ買うようになって自分の好みを開拓していくようになりました。はじめはJ-POPから始まり、高校卒業の時期には当時隆盛を誇っていたEDMにハマりました。

 そして大学に入学してまもなく、Apple Musicの登場で日本の音楽ストリーミング・ブームがはじまりました。Apple Musicはこのときからずっと使い続けています。その後TSUTAYAの味を覚えApple MusicとTSUTAYAにどっぷりと浸かり、Spotifyが日本に上陸する(2016年9月29日)3ヶ月ほど前にアメリカ版のSpotifyに登録してSpotifyにもハマりました。

 

 現在はApple MusicとTSUTAYASpotifyが主な音源入手先になっています。情報収集は音楽雑誌や街で流れる音楽、ラジオなどから行うこともありますが、Apple Music、Spotifyのレコメンド機能から行うこともあります。

 

 音源入手先の使い分けですが、Apple Musicは自分の好きな楽曲を繰り返し聴くために利用しています。他サービスと比べて「自分の保有しているアルバム」がしっかり並べられるためです。Spotifyは新しく楽曲を発見するために利用しています。

 Spotifyは他サービスよりもレコメンド機能の質が秀でています。自分が一生触れることのなかったであろう楽曲を見つけてきてくれるという点で満足しています。また、いわゆるレコード会社の呼ぶ「ワールド」ミュージックも豊富に紹介してくれます。例えばイラン音楽やアフリカ音楽などを聴く場合、Apple Musicでは収録楽曲としては存在しますが、あまりレコメンドはされない印象を受けます。その点Spotifyは一度そういった種類の音楽を聴けば、その界隈の音楽を的確にレコメンドしてくれます。Spotifyの方がレコメンド機能においては信頼できそうです。

 TSUTAYAは、特に邦楽、つまり自分の身近にあるのに見えないアーティストを発見するのに役に立ちます。例えば東京インディーズ。あとは、Apple Music(AAC 256kHz)やSpotify(無料会員はMp3 96-160kHz)で特に気に入った楽曲をCD音質で聴きたいと思ったときに、TSUTAYAでアルバムを借ります。

 

 自分が受けた音楽ストリーミングサービスの恩恵は、詰まるところ「いろんな種類の音楽を聴くようになった」故に、「いろんな種類の音楽の『たのしみ』を理解できた」というところに尽きると思います。そこを若いうちに体験させて生涯課金させるように彼らは仕向けているわけですが。ストリーミングがなければ、ジャズのスウィングを理解することも、琴の響きを理解することも、佐野元春あたりの渋みを理解することも、アイスランド・インディーズに出会うことも、アフリカン・ポップスに出会うことも、インドの伝統音楽に出会うこともありませんでした。「音楽といえば楽しくなきゃ!」とJ-POPやクラブミュージックなどの日本のメインストリームに留まっているよりも幅広くたのしみが広がったと思います。

 

 日本発の音楽ストリーミングサービスは私には合いませんでした。LINE MUSICとAWAをそれぞれ無料期間を利用して1ヶ月利用してみたことがあります。LINE MUSICは「友人と音楽を楽しむ」という体験にフォーカスしている印象を受けました。LINE MUSICでは、LINEで友だちになっている他のLINE MUSICユーザーがどんな曲を聴いているのか、ランキング形式で紹介する機能があります。AWAは「誰かと音楽を楽しむ」という体験にフォーカスしており、誰でもプレイリストを公開することができ、そのプレイリストを聴くユーザーが多ければ自分のIDとともにアプリのトップに表示される…というような機能があります。

 この「音楽をみんなで楽しむ」という感覚が私には奇妙に思えました。現実にみんなで集まってみんなで音楽を聴くのは楽しいのですが、アプリで他者とつながりながら「友だちがこの曲を聴いているから私も聴いてみよう」というのはちょっと違うかなと思います。一人で音楽聴くときくらい一人にさせてくれよ、と思ってしまいました。

 

 また、Apple MusicとSpotifyにはWeb埋め込み(下)機能があり、ネットから音楽情報を仕入れることも多い私はよくこの埋め込みを見ます。

 

 

 
 

 

  

 このあたりを見ると、ネットにおける音楽配信の場を、この2つのサービスはそれなりに是正しているようにも思えます。というのも、Web埋め込みでよく見かけるのは実はコレ↓だからです。

 

 

 

 

 この動画はClassic Mood Experienceという公式チャンネルからアップロードされていますが、公式にアップロードされているものではなく、アーティストにお金が一銭もいかないものがWebに埋め込まれていることも少なくありません(むしろそこを意識して埋め込んでいる人は少ないかも…)。これらがApple MusicやSpotify上で再生されることで、アーティストへのお金の移動が適切に行われます。こうした社会的な課題を意識しているのも、この2つを(特にSpotifyはこの問題の解決策としてメディアに取り上げられることがある)利用したくなる動機のひとつです。

 

 私の個人的な音楽体験を踏まえて、自分の思う音楽ストリーミングサービスの利点を並べてみました。アーティストとリスナーという構図の文脈から見れば、インターネットが登場して音楽の違法アップロードが続いていた中で、ストリーミングはその関係を是正するいいシステムだと思います。おそらくこの先も音楽体験は変化していくでしょうが、一度こうしたツールを通して音楽発掘の楽しさを覚えた人は、これからも音楽を探し続けるのかなあと思います。それはそれで豊かではないでしょうか。