読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あまかけるの巣

今はうんちでも化石になるから。

好きと嫌いは同じもの

 YouTuberなるものが好きでして、高校生のころからちょくちょくチェックしているのですが、私のお気に入りのYouTuberさんで、シバターさんという方がいます。

 


 サムネイルを見ても分かるとおり(これはまだマシな方)、過激な方です。汚い言葉が嫌いな方はご覧にならないことをおすすめします。いわゆる「炎上商法」をおそらく日本のYouTubeで初めて使い、自室のドアにチェーンソーで穴を開けたり他のYouTuberさんの批判動画を上げたりされています。

 

 シバターさんの声を聞き始めてから、YouTuberという存在をより客観的に見ることができるようになったと思います。YouTuberをタレント化して大きく売り出そうとする大手事務所が出てきたり、Googleの公式CMに使われたりと何かと「公式」扱いをされてきているYouTuberに中指を立てる彼。言われてみればそうかもしれない、と思わせる一本撮りの話術は本当に巧みです。

 

 

 彼の衝撃のおかげで、最近、「好きと嫌いは同じもの。好きの反対は無関心」という誰かが言っていた言葉がようやく腑に落ちました。頭では分かっていたのですが、ようやく本当だ、と受け入れることができました。

 彼はYouTuberに対して(結構大物のYouTuberに対しても)、人格は否定することなく、その行動を徹底的に批判していきます。一見するとその批判の相手が嫌いなように見えるけれど、彼はその相手の方のことを気に入ってるんだろうな、頑張ってほしいんだろうな、と思えてくるのです。不思議と。これは本人も自ら「本当に大嫌いなYouTuberの動画はまず見ない」と述べていることからおそらくそうなんだろうと思います。

 

 こういう好み方?もあるんだなあ、と気づきました。好きな相手の行動や成果をとことん批判する。

 

 思えばこの一年(そう、もうこのブログを書き始めてから1年になるんです!)、ブログにも登場しましたベトナム研修の先生方からも、文章論の先生からも、このことは学んでいたはずなんです。「自分のこと嫌いなのかなこの人?」と思っても一度踏みとどまって考えてみること。ベトナムの先生は「そうやって本人に聞いてみもしないでこっちの感情理解しようとするの傲慢じゃないですか?」とおっしゃり、文章論の先生は「今の子は教えづらいよ、ちょっと批判されたらもう逃げちゃうの」とおっしゃいました。思い返してみると確かにつながってるなあ。

 

 そういえば、サークルの後輩にひとりそういう子がいまして。何かにつけて声高に批判したがる男の子なんです。「あんたの頭には脳みそ詰まってるンですか!」と先輩相手に言っちゃうような子で。

 そんな彼、学校の映画祭で自分の映画が新人賞に選ばれたんですね。審査員2名にもよく褒められて、浮き立っていたんです。部室に帰り、数人でその子を取り囲み「すごいね〜」なんて話をしていたら、彼がぽろりと、「褒められるの慣れてないんですよね」とすごく照れていまして。ああ、彼はただ批判することが好きだとかそういうことではなくて、ただ褒められたり褒めたりした経験が少ないからそうしているんだな、と。まあ、かわいい笑

 

 

 子どもの発達なんかを勉強していますと、小学生の男の子が自分の好きな女の子をいじめる、なんていうエピソードがでてきます。その逆も然り。自分が本当は好きな相手をいじめたり、無視したり、無条件に貶したりする。

 それは小さい子だけの話じゃないんだなあと、当たり前のことですが再認識しました。むしろ、そういう表現をしてくる相手に対して「じゃあ素直に好きっていえばいいじゃない」とは言ってはいけない

 

 先ほどのシバターさんもある動画の中で述べていましたが、そうやってストレートに自分を褒めてくれたり、好きだと言ってくれるイエスマンだけを周りに固めているとろくなことになりません。それを冷静に批判してくれる目、素直に嫌いだと言ってくれる人が必要なんです。のぼせないために。

 逆に、自分もそうやって、自分が好きな人ほど批判していかなくちゃな。必要とあらば演技して。

 

 余談ですが、映画「ラ・ラ・ランド」を見てから、演技というものがやっぱり自分にも必要なんだなと考えを改めました。最近は自分の思ったことしか言わず、やりたいことしかやらずという生活でした。しかし「ラ・ラ・ランド」で映画のようなロマンを楽しむふたりを見ながら「ああやっぱいいもんですなー」と鼻をふんふん言わせながら思っておりました。演技も大事。

 

 

 

 結局、好きと嫌いと無関心の尺度って、こんな感じなのでしょうか。

 

f:id:o5h4pi:20170408003252j:plain

 

 とはいえ、「いやよいやよも すきのうち」はヘンタイストーカーの一歩手前です。男性のみなさん、いやよ3回で諦めた方がいいみたいですよ、うちの親父曰く。