読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あまかけるの巣

今はうんちでも化石になるから。

「あの人はこういう人」をやめてみる

 ゼミに二股をかけることになり、現象学を研究されている遠藤教授のゼミにお邪魔しています。そのきっかけを作ってくれた友人が貸してくれた本です。この本を読んでから、また「学問自体に惚れ込む病」にかかってしまったのですが。

 

私とは何か――「個人」から「分人」へ (講談社現代新書)

私とは何か――「個人」から「分人」へ (講談社現代新書)

 

 

 筆者は「分人」という新たな概念を提案します。私の言葉で強引にまとめてみると、人にはいろいろな顔があって当たり前なのだから、はじめから自分や他人を「個人(individual=分けられない)」と捉えるのでなく「分人(dividual=分けられる)」として捉えよう、というものです。日常生活のあらゆる面で、自分や他人を「個人」と捉えることによって生じる問題を挙げ、それらを「分人」として捉え直すことを提案しています。おそらく説明が粗雑ですので、深く理解したい方はぜひ一読ください。

 

 私が「分人」という概念を取り入れるととても楽になるな、という思うのが、SNSです。インターネットが普及して真っ先に起こった問題が、よく知っている友人のサイトを除いたら「こんなヤツだったのか!」と衝撃を受ける、というものでした。それが今のSNSになっています。普段接しているとおっとりしているように見えるヤツのFacebookを覗くと友達が1万人以上いる超有名人だったり、真正直で誠実なヤツのTwitterを覗くと会社の愚痴ばかりツイートしていたり…。そうしたことが原因になって会社から追放されたりする時代のようです。私も新卒採用担当者が志望者のTwitterをチェックして採用を決めたりしている会社がある…なんて話を聞いたりすることもあります。

 でもよくよく考えてみれば、実際に会って話すときのAさんと、Twitter上のAさんから受ける印象は、全く違うはずなのです。それだけでなく、Aさんのブログや本、手紙、電話、講義や演説などから受けるAさんの印象は、それぞれ全く違うものです。それは、その印象を文字から受け取っているか音声から受け取っているかの根本的な違いから始まり、Aさんが何を見て(スクリーン? 紙? 私? 他人? その他大勢の人々?)話しているかによっての違いまで様々です。

 

 自分について言えば、自分に対する印象も、それぞれの媒体に自分が出している「分人」によって違います。もちろん、その分人たちを見る人によっても。そうした印象を巧みに操るのが(もしくは操るべきなのが)いわば「有名人」と呼ばれる人々です。

 

 私がこの概念を賛美するのは、「Aさんはこういう分人も持っているんだな」というBさんの気づきが、Bさんをより寛容にさせてくれたらと願うからです。というのも、私は小学4年生のころからコンピュータとインターネットに触れ、その世界の虜になって生きてきているため、私の様々な分人がインターネット上に存在しています。例えばTwitter上の私の分人。その私を見て、「あなたのツイートはしんどいよ」と、実際に会って話しているときにその分人について感想を言ってくる人に「うぅん…」と思ってしまうからです。

 例に出したTwitterであれば、フォローを外せば私のツイートは見えなくなるはずです。インターネットにはそういう性質があります。そこにアクセスさえしなければ、嫌いなものは見なければ、その人の発言や言動は一切見えなくなる。「自分の好きなものいっぱいカフェ」が実現できる、それがインターネットの良いところであり、悪いところです。偶然驚くようなAさんの分人を見てしまったとしても、「あの人腹の底ではこんなこと思ってるんだコワ…」と思い、現実に会っているAさんにその色眼鏡を使う必要はありません。「Aさんはこういう人」という思い込みが、Bさんを不寛容にさせていってしまうのです。とはいえ、私はよくいろいろな人のことを「こういう人」と思い込んでしまうのですが…反省。

 

 少し過去記事を探してみたら、確かベトナム滞在中に書いた日記で、これに近いことを書いていました。日本語学校で日本語を学んでいるベトナムの学生を見ながら考えたことで、言語はシチュエーションによっていくらでも変化するという内容です。

 それぞれシチュエーション、つまり文字を書いているのか実際に会って話しているのかで選ぶ言葉はすべて異なるのだから、それぞれのシチュエーションにおいて場数を踏まないと言語学習に偏りが出てしまう…という一つの言語も完璧にマスターしていない私の戯れ言でした。

 

 実際、ひとつの分人でも、日々人の体調は本当に水のように変わっていくわけで、個人に対して変わらないことを求めるなどお門違いです。そのことにうっすら気づき始めていたところに、この本の「分人」という概念がぴったり合いました。

 

 本のご紹介でした。

 

 

P. S.

 このように、ある人の物事の捉え方について研究していくのがざっくり言うと現象学、と捉えているのですが、現象学に精通している方、よろしいでしょうか。